それでも世界は美しい【第113話】20巻のネタバレ・感想!

それでも世界は美しいの【第113話】を読んだのであらすじをまとめています。

20巻に収録予定です。

 

 

 

それでも世界は美しい【第113話20巻】の感想・ネタバレ

ウルスラ幼少期

出産を控えた母に妖精のお守りを上げようと、入ってはいけないといわれている聖域に向かったウルスラ

その途中で、倒れている少年を見つけました。

城へ帰ると、少年は手当てしてもらえることになりました。
父王が生まれたばかりの妹(リーリヤ)、弟(オリーヴァ)をウルスラへ見せました。

[あの子は吉兆なのかも]
[お父さまっ私あの子と友達になりたいですっ]

[ウルスラそれは出来ないよ]
[あの子は身なりからいって旅芸人一座の子だ]
[そんな身分の子と王族の子が口を聞くのも許されないことだ]
[あの子はきちんとした施設にいれて保護する]

ウルスラは身分で縛られ友達が出来ないことに寂しさを感じていました。

ネロ

そんな時
[ウルスラ姫?]
[ウルスラ姫だろアンタ]
[なんで泣いて・・・]

あの時の子が壁をよじ登り、兵士の隙をついて、ウルスラへ会いに来ました。

[どうしてここに来たの?]

[どうしたも何も]
[おれを拾ったのはあんただろ]
[だったら俺はアンタのものだし]
[そばにいるのは当然だ]

ネロは何度叩き出してもウルスラの元に戻ってきました。
2か月も経つころ、父王も折れてネロに身分を与えることになりました。

ネロとウルスラの日常は穏やかに過ぎていきます。

ウルスラネロ

いなくなったアーウラを探しに聖域に向かうウルスラとネロ

ネロは見世物小屋で育ちました。
特に不満はないけれど、出来るまで殴られ、変態の団長に嫌気がさして飛び出して倒れていた時ウルスラに会いました。

ウルスラ以外の人は気づいても通り過ぎたり、金目のものを物色するだけでした。

[まあそんなものだろうと思っていたら]
[姫が来た]
[心底心配そうにして]
[あげく城まで連れ帰って]
[露骨で醜悪なはずの一番上の人間]
[一番身なりのいい姫が俺を助けた]
[衝撃だった]

[俺はアンタを尊敬してる]

聖域は一面白銀

[わたしの中の一番汚れない思い出]
[わたしの一番美しい世界]

 

それでも世界は美しいの最新刊をすぐ読むなら

漫画は絶対に絵があると楽しみが倍増します。

漫画を読むなら、31日間の無料期間があり、無料登録すると600Pをもらえて
最新刊をすぐに無料で読み始められる動画配信が断然お得!

「それでも世界は美しい」の最新刊を読みたい方はチェックしてください。

無料期間中での解約はもちろん無料です。



>>最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>



それでも世界は美しい【第113話20巻】の私の感想・ネタバレ

ウルスラの幼少期でした。

氷の王国は大国よりもがちがちの身分社会。
王家の人間が市井の人間と友達になることも許されないんですね。

大国はシーラのように、身分の無い女性が側室になることもあったので、そこから比べると確かにガッチガチ(;・∀・)

そんな王国の中で、愛されて育ったウルスラです。
弟と妹も出来て、順風満帆ですね。

まとめ

それでも世界は美しい【第113話】の感想・ネタバレでした。

漫画は作家さんの絵があると、楽しみが倍増します。
主人公の目線一つで心が湧きたちます。

 

漫画はぜひコミックで読んでください。
無料で漫画を読むサービスをまとめています。
ぜひチェックしてください。

 

 

≫漫画を無料で読めるサービスランキング

 

 

9000冊無料コーナーが人気

 

≫第1巻 無料立ち読み増量中

 

 

それでも世界は美しい ネタバレ

 

それでも世界は美しいのストーリー感想・ネタバレ一覧

108話20巻 109話20巻 110話20巻 111話20巻 112話20巻 113話20巻 
114話21巻 115話21巻 116話21巻 117話21巻 118話21巻 119話21巻
120話22巻 121話22巻 122話22巻 123話22巻 124話22巻 125話22巻

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました