それでも世界は美しい【第108話】20巻のネタバレ・感想!

それでも世界は美しいの【第108話】を読んだのであらすじをまとめています。

20巻に収録予定です。

 

 

 

それでも世界は美しい【第108話20巻】の感想・ネタバレ

リビとニケ

アントニアとロムレスは旅行中に横死
アルは行方不明

[バルドの後ろ盾で太陽王になってから]
[俺は世界が欲しいなんて思ったことはなかった]
[噛みついてくる敵がいて]
[そいつらを捻じ伏せていたら]
[いつの間にか]
[”太陽王”になってた]

 

[そんなものが欲しいんじゃなかった]
[ただ苦しくて]
[夢中で]
[そこから解放されたい]
[その一心だった]

 

あまりの話に呆然とするニケ

 

[わり]
[さすがに重いよな]
[茶でも淹れなお…]

[違うんだ]
[重かったわけじゃなくて]

[あの日]
[リビと出会えたのは]
[当たり前のことだと思ってたんだ]
[でもそうじゃない]
[お前は何度も何度も死地を潜り抜けて]
[あの日あそこにいたんだ]

 

だから一緒にいる

 

[ほんとうによく]
[生き延びて]
[ここまで生きてきてくれたんだな]

 

ニケはリビが背負ってしまった重いものが苦しめているのを知っています。
それでも命があることが一番大切だと、リビの額に自分の額をコツンと当てました。

リビを抱きしめるニケ
ニケから離れて耐えようとするリビをさらに抱きしめる

[悲しむって大事なことだぞ]

アントニアに意地悪されてびっくりしたな
オルビアはかわいそうだった
アルに裏切られて辛かったな
シーラさんは勇敢だった

 

リビはシーラを失ってから初めて
声を上げて泣いた

心の奥で麻痺していた感覚が蘇ってきた

[俺の中の長い長い慟哭が]
[ようやくやんだ夜だった]

 

二人で明け方まで泣いて寝落ちした二人

 

リビはいっぱい泣いて、長いこと続いていた緊張が解けて
やわやわほわほわで眠っているリビに

キュンキュンするニケ

大国

一方大国では、リビ一行が北へ向かったという書簡を見てバルトが怒り狂っていた。

カラがバルトにお客さんを連れてきます。

[ごめん]
[名前なんだっけ?]

 

[やだなー忘れるの速すぎでしょ]
[忘れないでよ婚約者の名前を]

[だからいつ・・・]

[さっき結婚申し込んだでしょ]
[湖の王国の第一応じ メンフィス・ライル・ルイラセエル]
[カラさんと幸せになります]

それでも世界は美しいの最新刊をすぐ読むなら

漫画は絶対に絵があると楽しみが倍増します。

漫画を読むなら、31日間の無料期間があり、無料登録すると600Pをもらえて
最新刊をすぐに無料で読み始められる動画配信が断然お得!

「それでも世界は美しい」の最新刊を読みたい方はチェックしてください。

無料期間中での解約はもちろん無料です。

>>最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>



それでも世界は美しい【第108話20巻】の私の感想・ネタバレ

かなり衝撃的だったリビの過去

リビが欲しかったわけではなくても、血で血を洗った王座の争いでした。。。
残酷無慈悲の太陽王だもんね。

今ではすっかりニケに毒気抜かれちゃったけど(笑)
これから作る国は、きっとニケのエッセンスが多分に入っているんだろうな~って。

そうはいっても、まだまだ波乱はまっていそうです。

カラにも春が来た予感ですが、バルトではなくメンフィスでしたね~!
こっちの恋の行方も気になるところ。

まとめ

それでも世界は美しい【第108話】の感想・ネタバレでした。

漫画は作家さんの絵があると、楽しみが倍増します。
主人公の目線一つで心が湧きたちます。

 

漫画はぜひコミックで読んでください。
無料で漫画を読むサービスをまとめています。
ぜひチェックしてください。

 

 

≫漫画を無料で読めるサービスランキング

 

 

9000冊ラインナップの無料コーナーが人気

 

≫第1巻 無料立ち読み増量中

 

 

それでも世界は美しい ネタバレ

それでも世界は美しいのストーリー感想・ネタバレ一覧

108話20巻 109話20巻 110話20巻 111話20巻 112話20巻 113話20巻 
114話21巻 115話21巻 116話21巻 117話21巻 118話21巻 119話21巻
120話22巻 121話22巻 122話22巻 123話22巻 124話22巻 125話22巻

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました