クイーンズ・クオリティ【第20話】4巻のネタバレ・感想!

クイーンズ・クオリティの【第20話】を読んだのであらすじをまとめています。

4巻に収録予定です。

 

 

 

クイーンズ・クオリティ【第20話4巻】の感想・ネタバレ

フミとキュウタロウ

アタルの心間を進んでいく間も、文を蝕む悪意は、浄化しても浄化しても浸食し続けます。

心間のアタルの悪意に呼応して、浸食が止まりません。

黒の女王に入れ替わる文
その文の悪意を浄化する玖太郎

[文 戻ってこい]

何度治してもらっても、アタルの悪意の浸食が止まらず、黒の女王の暴走もどんどんひどくなります。
時々意識も途切れます。

[浸食は何回でもいくらでも治してやる]
[俺はおまえを信じてるし]
[みんなおまえを好きなんだ]
[ぜんぶ片づけて無事に帰るぞ]

アタルが文を呼ぶ声がずっと聞こえます。

約束が気になる玖太郎
でも、文の記憶には何も残っていません。

文がアタルの悪意の中で見たのは、
病室のようなところで
アタルが女の子を見ているような光景

文はアタルの悪意が中に入ったせいで、
黒の女王になりかけていることを自覚しています。
猶予がないなか、どうすればこの状況を打開できるのか分からず玖太郎に聞きます。

[集中して]
[心の中を見ろ]
[なんで黒の女王が暴れるのか]
[よく考えてみろ]

文にはそう伝えた玖太郎ですが、そんな簡単な話でもないことが分かっています。
他人の悪意をぶち込まれるなんて、普通の人間ならとっくに壊れているような状況です。

 

アタルとフミ

アタルの意識の中で見た少女が目の前に出てきました。
その少女を追いかけた先には、アタルがいます。

[いらっしゃい]
[待ってたよ文ちゃん]
[ずっと待ってた]

最初から俺のための女王だとたたみ掛けるアタルの言葉を玖太郎が遮ります。

[ばかだな掃除屋くん]
[文ちゃんはもうわかるよね]
[この子は]
[きみだろ]
[文ちゃん]

[やっと一つになるんだ]

距離を取ろうとする玖太郎と文ですが、
すでに、少女は文に入り込んでいます。

[本物のキミ]
[黒の女王とかわってやって]
[だってほらキミもとっくに化け物だろ]
[みんなそう思ってるよ]
[気持ち悪いって]

アタルの言葉に黒の女王となり、玖太郎の首を絞める黒の女王。

フミ

文は意識の中で深く沈んでいきます。

記憶が誰のものなのか
自分は化け物なのか

疲れて果ててしまった文は、眠くて何も考えられません。
見つけた扉の中に隠れようとしますが、誰かが呼びかけている声が聞こえます。

[心を閉じるな]
[おまえならできるんだ]

キュウタロウと黒の女王

玖太郎の首を絞める黒の女王
玖太郎は女王の頭を優しくなでます

[コロス シネ]
[シネ ゴミクズ]

[苦しいか]
[ごめんな]
[女王]

[キュウタロ クルシイ アタシ ナンノタメニ ウマレ・・・]

[文 女王の声が聞こえたか]
[聞こえたな]
[助けてやってくれ]

キュウタロウとフミ

玖太郎は黒の女王の中で眠ろうとする文に呼びかけます。

[おまえはいつも強くてきれいだ]
[俺のおひめさま]
[もどってきてくれ]

玖太郎の声に文が戻ってきました。

[た ただいま 戻りました]
[ん おかえり]

文は、自分の中に入り込んだ少女を引きずり出しました。

アタルとフミ

文が少女を引きずり出したことに納得のいかないアタル。
記憶がないとはいえ、昔の自分を拒絶するなんてひどいといいます。

[私じゃない]
きっぱりと否定する文。

[あなたは誰と間違えているの]
[その子は誰?]
[あなたの大切な人なんですか]
[その子は黒の女王になったの?]
[そして死んでしまったの?]

文の言葉にアタルの中の親ムシが出てきました。

[シンでない]
[シンでないから]

フミとキュウタロウ

親ムシと戦おうとする文の前に出る玖太郎

[おまえはおまえの仕事をするんだ]
[それが俺たちの唯一の勝ち目だ]
[わかったんだろ]
[黒の女王の「殺し方」]

黒の女王を殺しに行く文

[ふみ いいこだ いけ]

つぎに目をあけるとき
私は私でいられますように
どうか祈って

クイーンズ・クオリティの最新刊をすぐ読むなら

漫画は絶対に絵があると楽しみが倍増します。

漫画を読むなら、31日間の無料期間があり、無料登録すると600Pをもらえて
最新刊をすぐに無料で読み始められる動画配信が断然お得!

「クイーンズ・クオリティ」の最新刊を読みたい方はチェックしてください。

無料期間中での解約はもちろん無料です。



>>最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>



クイーンズ・クオリティ【第20話4巻】の私の感想・ネタバレ

悪意に苛まれながらどうにかここまで来た二人。

悪意を浄化する玖太郎が好きです♪
他人の悪意を入れられたら、普通だともうとっくに壊れている状態だと玖太郎が言ってますね。
その中でも何とか自我を保って戦っている文はさすが女王の器といったところでしょうか。

4巻最後で黒の女王を殺しに行きました。
ここで殺せないともう猶予が無いので、完全に入れ替わってしまうことになるのかな(-_-;)

帰ってきたときに、自分でいられるように・・・
そう祈る文に切なくなります。

まとめ

クイーンズ・クオリティ【第20話】の感想・ネタバレでした。

漫画は作家さんの絵があると、楽しみが倍増します。
主人公の目線一つで心が湧きたちます。

 

漫画はぜひコミックで読んでください。
無料で漫画を読むサービスをまとめています。
ぜひチェックしてください。

 

 

≫漫画を無料で読めるサービスランキング

 

 

9000冊無料コーナーが人気

 

≫第1巻 無料立ち読み増量中

 

 

クイーンズ・クオリティ ネタバレ

クイーンズ・クオリティのストーリー感想・ネタバレ一覧

11話3巻 12話3巻 13話3巻 14話3巻 15話3巻 
16話4巻 17話4巻 18話4巻 19話4巻 20話4巻 
21話5巻 22話5巻  23話5巻 24話5巻 25話5巻 
26話6巻 27話6巻 28話6巻 29話6巻 30話6巻

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました