クイーンズ・クオリティ【第15話】3巻のネタバレ・感想!

クイーンズ・クオリティの【第15話】を読んだのであらすじをまとめています。

3巻に収録予定です。

 

 

 

クイーンズ・クオリティ【第15話3巻】の感想・ネタバレ

黒の女王とキュウタロウ

二人は戦いながら、先代が捕らわれている扉の前までやってきました。

青龍の配下が何人も襲い掛かってきます。

[黙れ]
[黙れクズども]
[そこをどけ]

黒の女王の勢いは止まりません。

 

フミ

フミは深い水の中で、黒い女王の見ているものを夢の中のように見ています。

自分の悪意に黒の女王は反応して、膨らんで、必死になっているのを感じます。

[あぁだめ それ以上は]
[玖太郎さま あの子をどうか・・・]

黒の女王とキュウタロウと先代

毒女だ
悪の毒がうつるぞ

青龍から毒のように次々と悪意が降ってきます。

その悪意を受けて、黒の女王の悪意も増幅します。

その時、先代が黒の女王の頭に優しく手を置きました。

[大丈夫よ]
[あなただけが苦しむことはないの]
[かわいそうな子ごめんなさいね]
[あの子は大丈夫]
[もう少しだけ待っててね]

 

玖太郎が黒の女王の目をふさぎます。

[眠れ女王]
[・・・文 いい子だ戻ってこい]

文はそのまま玖太郎の腕の中で眠ります。

玄武一門

そこへ玄武の一門が到着しました。
筆頭はマサヤ

青龍は食いつきます。
[なぜそんな危険な女を!]
[玄武は・・・]

紘一は遮るように、青龍に向かって刃物を突き出しました。

[黙れよ]
[捨てた犬を馴れ馴れしく呼ぶんじゃねえよ]
[その煩え口耳まで裂くぞ]

マサヤ青龍のなぜについて説明します。

玄武には女王を育て制御する力があること
掃除屋の世界の宝として守っていること

[青龍の正義にかけて]
[しかるべき形でご説明いただけると思ってますよ]
[それでは後日]

 

玄武の一門は青龍の館を去ります。
玖太郎に抱きかかえられていた文は自分で歩くとお願いします。
自分がひどいことをした自覚のある文は、今こそ一番素敵なお姫様のように自分の足で歩くことを選択します。

 

青龍の一人が[化け物っ!]と去っていくフミに叫びました。

玄武一門とフミ

玄武の一門が初めて文の前に勢ぞろいしました。

みんな文に会いたいと思っていました。
「玄武はみんなあんたの見方だからね」
「くじけるんじゃないよ文ちゃん」

 

文は玄武のみんながどうして自分に優しいのかイマイチ分かりません。
黒の女王は悪意の権化でとても危険なものなのは、青龍の言う通りなのじゃないか?

先代が玄武での悪意の定義を教えてくれます。

先代

「誰かを憎んだり、許せないという気持ちはだれでも持つ権利のある普通の感情だと思っている」と

[問題なのはね]
[そんな感情をコントロールできなくなって]
[自分自身が支配されてしまうことよ]

文が黒の女王の悪意は自分のものだと認めたこと
悪意に支配される側から、支配する側になる資格を得たこと

 

[あなたの中の黒い女王を殺しなさい]
[黒い女王に支配され]
[あなた自身が殺されてしまう前に]

 

フミとキュウタロウ

その夜、文の部屋に眠れているか心配した玖太郎がやってきました。

[大丈夫です]

[そっかならいい。起こして悪かった]
[悪い夢みたら呼べよ]

帰ろうとする玖太郎を文が呼び止めました。

[大丈夫ってうそです]
[ねむれないです]

文は黒い女王の事を考えて、怖い夢を見るんじゃないかとおびえて、眠ることを恐れていました。

玖太郎は添い寝しながら、眠れない文の話をきく玖太郎。

 

文は黒の女王にあったとき、あまり怖くなかったこと
かなしい子だとおもったこと
泣いていたあの子

 

[玖太郎さまはわかるんですか]
[あの子の殺しかた]

[わかるよ]
[わかるからあいつは俺のいうこときくんだ]

[胸のおと聞こえるよな]
[それに集中して]
[ゆっくり眠れ]
[いいこだ おやすみ]

ぐっすりと寝た文の横で朝まで眠れなかった玖太郎

 

寝ている文にキスしようとした瞬間
ジリリリリリ

目覚まし時計が鳴り響き、飛び起きた文。

文の頭突きが玖太郎のあごにゴツッとはいります。
文はよく寝て気分良く目覚めました。

 

クイーンズ・クオリティの最新刊をすぐ読むなら

漫画は絶対に絵があると楽しみが倍増します。

漫画を読むなら、31日間の無料期間があり、無料登録すると600Pをもらえて
最新刊をすぐに無料で読み始められる動画配信が断然お得!

「クイーンズ・クオリティ」の最新刊を読みたい方はチェックしてください。

無料期間中での解約はもちろん無料です。



>>最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>



クイーンズ・クオリティ【第15話3巻】の私の感想・ネタバレ

青龍に玄武一門で乗り込んできましたね。

これは玄武一門みんなで白の女王の卵の文を守り切るっていう強い意思表示。
その玄武に最後はたじたじだった青龍です。

でも、最後の一言痛かったな。。。

玄武の一門勢ぞろいって初ですよね。

凄腕整体師のみずほちゃん
クラブままっぽい曜子ちゃん

他にも若手が何人か。
きっといずれ名前が出てくるのかな。

 

玖太郎は文の苦しい時にいつも横にいてくれる良い男。
眠れないか確認に来てくれるのも優しい♪

お互いに自分の大好きと思う気持ちに気付いているのに、表に出せないってきついだろうなぁ。
でも、文がクイーンの階段を上っていくのを一番信じているのも玖太郎ですね。

まとめ

クイーンズ・クオリティ【第15話】の感想・ネタバレでした。

漫画は作家さんの絵があると、楽しみが倍増します。
主人公の目線一つで心が湧きたちます。

 

漫画はぜひコミックで読んでください。
無料で漫画を読むサービスをまとめています。
ぜひチェックしてください。

 

 

≫漫画を無料で読めるサービスランキング

 

 

9000冊無料コーナーが人気

 

≫第1巻 無料立ち読み増量中

 

 

クイーンズ・クオリティ ネタバレ

クイーンズ・クオリティのストーリー感想・ネタバレ一覧

11話3巻 12話3巻 13話3巻 14話3巻 15話3巻 
16話4巻 17話4巻 18話4巻 19話4巻 20話4巻 
21話5巻 22話5巻  23話5巻 24話5巻 25話5巻 
26話6巻 27話6巻 28話6巻 29話6巻 30話6巻

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました